« Oh!RADIO | トップページ | 嫌ですね。 »

2009年6月19日 (金)

脳死は人の死か。

今回の国会でA案と言われる 脳死=人の死 とする法案が衆議院で可決されました。私個人の意見としては、他の案に比べたら このA案が一番妥当なのかと思います。

ただ違和感を覚えたのは、あまりにも議論に時間を費やしていない、と言うか、もう少し多くの人の意見を聞いても良いのでは?とは思います。人の死の定義を決めると言うのに 審議中に居眠りしたり、私的な会話をしていたり (岐阜の恥晒しである 野田聖子議員も他の議員とペチャクチャ喋ってるのを、しっかりテレビに映されてました)

この問題については はっきりした答えは出ないと思います。日本人の死生観や宗教観に大きく左右される事だと思うので、脳死=人の死 と言うのは個人で決めれば良いとは思います。しかし、A案以外の案では、ドナー側に年齢による括りがあるので、それがないA案が一番では、と個人的には思います。

今回の法案は WHOが海外渡航による移植の規制に乗り出したことがきっかけとなった様ですが、今までの法律では 子供の臓器提供が認められていない為、移植を必要とする子供は 莫大な医療費を払ってでも海外で移植の道を模索するか、僅かな残された時間を、移植以外に助かる道は無いと分かっていても日本で治療を続けるか。

今回の法案が、とりあえず衆院で可決した事で、すぐに多くのドナーが現れるとは全く思わないですが、移植を待つ子供には僅かながら希望はあると思います。

確かに脳死判定をされた人でも呼吸器さえ付ければ その後 何年も心臓は動き 髪も、子供ならば身長さえも伸び、とても その状態の我が子が死んでいるとは思えないでしょうし、移植でしか助からない子供を持つ親は 今回のA案が通れば 日本での移植に僅かながらも希望を持つ事が出来ると思います。今回は 人間の死 と言う事がテーマでもある以上は この議論は当事者にとっては 是か非かと問う事さえ無駄な気がします。

先のアカデミー賞の外国映画で受賞した 「おくりびと」を見ても 日本人の死生観は、宗教の違う国の人にとって独特な目で見えるのでしょう。

因みに私はドナーカードを持ち 全ての臓器を提供する意思があり 骨髄バンクのドナー登録もしていますが、自分がどの様な死に方をし、その上で臓器を提供するか否かの判断は 個人の自由であり 臓器を提供する意思のある人が慈悲深く 立派だとは これっぽっちも思いません。現状 私の死生観としては 現代の医学で脳細胞が破壊された場合、100%再生せず、それが脳死と判断された以上は、呼吸器を付けて欲しいと思わないし、誰かの役に立つなら、それが一番と思うだけです。

今回のA案に賛成なのは 全ての選択肢があると言う事なのです。仮に 子供が脳死と判断され、ドナーとして臓器を提供したくても 年齢の括りがあれば不可能なのですから。全ては個々の判断で決める事が出来るA案に私は賛成です。

|

« Oh!RADIO | トップページ | 嫌ですね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122935/45389074

この記事へのトラックバック一覧です: 脳死は人の死か。:

« Oh!RADIO | トップページ | 嫌ですね。 »