« サルとゴリラが番組出演!! | トップページ | 21人の馬鹿 »

2007年5月18日 (金)

赤ちゃんポスト

熊本の慈恵病院が、様々な理由で子供が育てられない家庭の赤ん坊を保護すると言う目的で 「こうのとりのゆりかご」と言う名前の赤ちゃんポストが設置されました。
運用開始された日に3歳男児が保護されています。政府の役人の中には 塩崎官房長官をはじめ 「誠に遺憾だ」と言うコメントを出して居ますが、大体 民間の病院がやる前に、こう言う問題は国が何とかすべきだと思います。捨て子を助長させるなどと言ってる奴も居ますが、目の前の命を救うのが先決だと思います。
どれだけ今までに 親のネグレクトや虐待で子供が殺されて来たか、てめーらの議員宿舎に莫大な税金を投入するくせに、こう言う問題には綺麗事で済ますような発言には頭に来ます。
先日もバイクのシートの下のヘルメット入れに1歳の男児を入れパチンコに行き、開けてみたら死んでたので遺体を捨てた馬鹿親が逮捕されました。母親は一度 児童相談所に「子育てが出来ないので 子供を預けたい」と相談してる様です。その時に役所が子供を保護してたら殺されずに済んだのに、結局 事なかれ主義のお役所の対応だった様です。
こんな馬鹿親が沢山居る 嫌な世の中になったものです。

|

« サルとゴリラが番組出演!! | トップページ | 21人の馬鹿 »

コメント

親が子供を捨ててしまう、子供が親を殺してしまう世の中になってしまったんですね...怖いです。

投稿: ゆみ | 2007年5月20日 (日) 10時48分

2000年から赤ちゃんポストに相当するものを設置したドイツでは、意外なことに認知度が低い為に7年も立っているのに、依然捨て子が多くて、そのほとんどの赤ちゃん(赤ちゃんとしての統計だったみたいですが・・・)は亡くなってしまっていると聞いて、びっくりしました。

折角、命を救う為に設置しても利用されなければただの箱。それも、利用されなくても問題の無い社会になったのなら非常にありがたいことですが、残念ながらそういうわけでもないようで・・・

基本的には、「親は養育の義務がある」この大前提がどうしてもできない場合にのみ活用される空間なのですから、最初のケースでうろたえるのではなく、試行錯誤も必要だと思います。
最初から完璧な物なんて、ないんでは?

投稿: たまねぎ御殿 | 2007年5月21日 (月) 21時13分

ゆみさんへ
嫌な世の中ですね。
意味不明な事件が多すぎます。

たまねぎ御殿さんへ
この赤ちゃんポストを否定する人の中には 「捨て子を助長する」と言う人もいます。
どうなんでしょう、子供を捨てる人は このポストがあろうと無かろうと余り関係無い気がするのですが。
安易な気持ちでSEXして 安易な気持ちで子供の養育を放棄する、驚くべき程のモラルの欠片も無い人が居ます。
子供をバイクのシートの下に押し込めたり、何ヶ月間もの間 子供を自宅に放置し餓死させたり。
このポストは そんな人間が産んだ子供の 1つでも命が救われればと思うのです。

投稿: 管理人 | 2007年5月27日 (日) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122935/15110355

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ちゃんポスト:

« サルとゴリラが番組出演!! | トップページ | 21人の馬鹿 »